兵庫県後期高齢者医療広域連合

文字のサイズを 大きく 小さく 戻す

■現在位置 : トップページ > 後期高齢者医療制度 > 受けられる給付

受けられる給付


○高額療養費の計算方法

 外来については個人ごと、入院がある場合は世帯ごとに計算します。
 外来・入院ともに、同一医療機関等の窓口でのお支払いは自己負担限度額までとなり、限度額を超えた医療費は広域連合から医療機関等に直接支払われます。


(例1) 所得区分が『一般』世帯の場合で、夫婦でそれぞれ外来受診がある場合

A病院(外来) 1割負担が19,000円の場合
一部負担金
18,000円
限度額を超えた1,000円は
広域連合から医療機関等に
直接支払われます
  
B薬局(外来) 1割負担が2,000円の場合
一部負担金
2,000円

C病院(外来) 1割負担が30,000円の場合
一部負担金
18,000円
限度額を超えた12,000円は
広域連合から医療機関等に
直接支払われます
  
D歯科(外来) 1割負担が5,000円の場合
一部負担金
5,000円

 
 @外来については個人ごとに支給額を計算します。
  夫:20,000円(一部負担金合計)−18,000円(外来自己負担限度額)
    =2,000円が高額療養費として支給されます。
一部負担金
20,000円
自己負担限度額
18,000円
高額療養費として支給
2,000円
  妻:23,000円(一部負担金合計)−18,000円(外来自己負担限度額)
    =5,000円が高額療養費として支給されます。
一部負担金
23,000円
自己負担限度額
18,000円
高額療養費として支給
5,000円
 
 (例2) 所得区分が『一般』世帯の場合で、夫婦で外来と入院がある場合
A病院(外来) 1割負担が19,000円の場合
一部負担金
18,000円
限度額を超えた1,000円は
広域連合から医療機関等に
直接支払われます
  
B薬局(外来) 1割負担が2,000円の場合
一部負担金
2,000円

C病院(入院) 1割負担が60,000円の場合
一部負担金
57,600円
限度額を超えた2,400円は
広域連合から医療機関等に
直接支払われます
  
 
 @まず、外来のみ(個人ごと)で支給額を計算します。
    20,000円(夫の一部負担金合計)−18,000円(外来自己負担限度額)
    =2,000円・・・(A)
一部負担金
20,000円
自己負担限度額
18,000円
(A)
2,000円
 A次に、入院を含む世帯ごとに支給額を計算します。
    18,000円(夫の外来限度額適用後の自己負担額)+57,600円(妻の一部負担金)
    −57,600円(世帯の自己負担限度額)=18,000円・・・(B)
一部負担金(夫)
18,000円
一部負担金(妻)
57,600円
自己負担限度額(世帯)
57,600円
(B)
18,000円
   世帯に支給される高額療養費は、
              (A) + (B) = 20,000円 となります。
(A)
2,000円
(B)
18,000円
高額療養費として支給(世帯全体)
20,000円
 B高額療養費は個人ごとに支給します。
    Aで計算した高額療養費20,000円を、夫と妻の医療費で按分してそれぞれに支給します。

▲このページの先頭へ | ▲トップページへ | ホームページのご利用について