兵庫県後期高齢者医療広域連合

文字のサイズを 大きく 小さく 戻す

■現在位置 : トップページ > 後期高齢者医療制度> 受けられる給付

受けられる給付

高額介護合算療養費

 被保険者が属する世帯が、後期高齢者医療制度と介護保険制度のどちらにも一部負担金等を支払っていて、その1年間(毎年8月分から翌年7月分まで)の合計額(※1)が下表の自己負担限度額を超えた場合(※2)に、広域連合及び介護保険者(各市町等)より高額介護合算療養費が支給されます。
 なお、支給対象となる方には、3月ごろに広域連合から支給申請案内が送付されます。(以前に高額介護合算療養費の支給申請をされた方も、対象期間ごとに申請が必要となります。)

 ただし、対象期間中に他の医療保険から兵庫県後期高齢者医療に変わられた方等につきましては、広域連合から申請案内ができないため、ご自身で計算いただき、支給対象になると思われる場合は広域連合までご申請ください。

所得区分(※3) 後期高齢者医療制度と介護保険制度の
自己負担限度額(年額)
現役並み所得者V 212万円
現役並み所得者U 141万円
現役並み所得者T 67万円
一 般 56万円
低所得U 31万円
低所得T 19万円


※1 
自己負担額は、高額療養費等の支給額を控除した額となります。
   また、同じ世帯の方であっても、後期高齢者医療制度の被保険者以外の方の自己負担額は合算されません。
※2
 自己負担限度額を超えた額が500円以下の場合は、支給の対象となりません。
※3 7月31日時点の所得区分が適用されます。 所得区分については、こちらからご確認ください。


▲このページの先頭へ | ▲トップページへ | ホームページのご利用について